合格実績

2017年度在籍者合格実績 (2018年入試)

 ※2018年4月1日現在

□国公立大学

 

京都市立芸術大学            7名/15名受験 

                              ※合格者うち現役生3名

【出身校】

西京高等学校/京都(2名)

京都橘高等学校/京都

女子美術大学付属高等学校/東京

奈良北高等学校/奈良

初芝富田林高等学校/奈良

住吉高等学校/大阪

神戸大学(国際人間科学)         1名

【出身校】

洛南高等学学校/京都

 

京都工芸繊維大学             2名

【出身校】

嵯峨野高等学校/京都

京都産業大学附属高等学校/京都

 

金沢美術工芸大学         1名

【出身校】

向陽台高等学校/大阪

 

滋賀県立大学             1名

【出身校】

堀川高等学校/京都

 

京都府立大学             1名

【出身校】

花園高等学校/京都

静岡文化芸術大学             1名

【出身校】

銅駝美術工芸高等学校/京都

 

 

□私立大学

武蔵野美術大学           1名

【出身校】

京都市立西京高等学校/京都

多摩美術大学           3名

【出身校】

京都市立西京高等学校/京都

京都両洋高等学校/京都

生野高等学校/大阪

京都精華大学            6名

【出身校】

京都両洋高等学校/京都

乙訓高等学校/京都

奈良北高等学校/奈良

住吉商業高等学校/大阪

城西学園高等学校/大阪

四条畷学園高等学校/大阪

 

京都造形芸術大学         7名

【出身校】

洛西高等学校/京都(2名)

向陽高等学校/京都

京都西山高等学校/京都

堀川高等学校/京都

金襴会高等学校/大阪

大阪夕陽丘高等学校/大阪

城西学園高等学校/大阪

 

成安造形大学              7名

                              ※合格者うち特待生3名

【出身校】

西京高等学校/京都

ノートルダム女学院高等学校/京都

女子美術大学付属高等学校/東京

京都橘高等学校/京都

銅駝美術工芸高等学校/京都

初芝富田林高等学校/奈良

城西学園高等学校/大阪

近畿大学             1名

【出身校】

大阪夕陽丘高等学校/大阪

 

奈良芸術短期大学            1名

【出身校】

上宮高等学校/大阪

 
   

 

□専門学校

ECCコンピューター学院            1名

【出身校】

京都産業大学附属高等学校/京都

 

 

□美術系高校

銅駝美術工芸高等学校      1名

【出身校】

大枝中学校/京都

 

亀岡高等学校         1名

【出身校】

松尾中学校/京都

京都芸術高等学校        2名

【出身校】

中学校/京都

海陽中学校/徳島

 

プール学院高等学校      1名

【出身校】

堀江中学校/大阪

 

       

 

 

過去の合格実績

 

合格者の声

 

 ■京都市立芸術大学工芸科合格(Mさん・高卒京芸コース)

 周囲よりも大幅に出遅れて美術の勉強を始めた私は基礎を覚えることに必死で、最初の一年ほどはまともに完成した作品がほとんどありませんでした。 なかなか技術が身につかず同じ失敗を繰り返す私に、それでも先生方は呆れることなく何度も何度も合評や面談で叱咤激励してくださいました。また個々の作品への丁寧な講評は己の作品だけでなく他の人の作品をじっくりと観察し、それを自分の作品に活かしていくための重要なヒントを得る場にもなりました。そして画塾に通うことで京芸という同じ目標を目指す人が互いに切磋琢磨できる環境に身を置き、しっかりと受験を意識して毎日を過ごすことができました。どんなモチーフやテーマ、材料が来ても臆することなく試験に臨めたのはこの京都美術学院で培った実力とどんな時でも完璧を尽くすことを学んだおかげです。この二年半、ここで過ごした日々は私にとってとても大切な経験となりました。                

 

 ■京都工芸繊維大学造形科学域合格(Nさん・高卒コース

私が京都美術学院に通い始めたのは、浪人が決まった4月でした。京都工芸繊維大学の試験では想定描写が課せられます。京美に通う前は「ちゃんと描けるようになるのかな」と不安でした。
京美に通い始めてしばらくは卓上デッサンをしていました。最初は完成させることもままならず不安ばかりでしたが、夏頃から自分の中で上達したと実感できるようになってきました。毎回の授業でいただいた講評やアドバイスが合格へと導いてくれたのだと思います。
また余裕がでてくるにつれ、表現することに喜びを見いだすことができるようになりました。受験勉強もやらないといけない中、絵を描くことが楽しみになりました。京美で教えていただいたこと、経験したこと、見てきたもの、全てが受験だけでなく今にも生きています。京美で過ごした1年は本当に貴重なものだったと感じています。